学校に週一勤務の薬剤師求人をお探しの方へ

学校に週1勤務の薬剤師求人を探す

薬剤師の資格を持っておけば、学校勤務の薬剤師として働くという選択肢もあります。学校薬剤師とは、学校が衛生面などで良好な環境になるように、チェックを行ったり助言・指導を行う仕事です。学校の中には、保健室や理科室のように薬品を扱う場所もありますから、そうした薬品が適切に設置・管理されているかを確認したり、ゴミの処理が適切に行われているかなども確認を行います。トイレが衛生的な状態で使われているか、ねずみやゴキブリなど衛生的に問題となる害虫がいないかなども検査項目のひとつです。もちろん、生徒が過ごす教室の衛生状態や換気の状態、机やイスが子どもの体に適切なものかどうかなども学校薬剤師がチェックしていきます。

公立学校の学校薬剤師になるのは、薬剤師の資格が必要なのは当然ですが、さらに市町村の薬剤師会の正会員になる必要があります。公立学校の場合、教育委員会などから薬剤師会に依頼が入り、薬剤師会が希望者の中から学校薬剤師を選出するためです。希望したからといってなれるわけではありませんが、まずは薬剤師会の正会員にならないと希望すらできません。目指すのであれば、とりあえず薬剤師会の正会員になる手続きからはじめましょう。

また、学校によっては薬剤師求人サイトなどで学校薬剤師の職を紹介してもらえる場合もあります。この場合は決して数は多くないのでやってみたいという場合は事前に登録の上、担当コンサルタントに学校薬剤師になりたいという希望を伝えておき、求人があればすぐに紹介してもらえるように根回ししておきましょう。薬剤師会から派遣される場合も、薬剤師求人サイトで紹介してもらう場合も、やはり薬剤師としての実務経験がある程度があったほうが採用されやすいです。学校薬剤師は、調剤薬局などで働きながら副業で行う場合も多いのですが、その場合は職場の理解が必要です。週1の仕事を探している場合は、学校薬剤師は勤務日数が少ないのは確かですが、週1どころか月に1回程度しかないので、それだけを仕事にするには物足りないと感じたり、収入面で満足できない場合もあるでしょう。とはいえ、薬剤師の仕事を活かせる週1の仕事というのは意外と少ないので、あまり働く日がとれないという場合は学校薬剤師を目指してみるのもよいのではないでしょうか。週1で働く目的にもよりますが、お金よりも薬剤師としてのキャリアを継続したい、資格を活かして何かをやっていたい、というのであれば、学校薬剤師はやりがいのある仕事です。

週一勤務の薬剤師求人を探すなら

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の詳細・登録ページ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの詳細・登録ページ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
ファルマスタッフの詳細・登録ページ