残業なしで週一勤務の薬剤師求人をお探しの方へ

残業なしで週1勤務の薬剤師求人を探す

子育てをしているママさん薬剤師の多くは「短い時間で効率よく働ける職場を見つけたい」と思っています。また年齢を重ねた親の介護をしているケースも同様で、「薬剤師資格を利用して少しでも収入を増やしたい」という人は多いようです。では「週1日からOK、残業なし」という条件で薬剤師として働くことは可能でしょうか。キーワードは「調剤薬局」と「雇用形態」です。

製薬会社や病院内薬局の求人では「週1日からOK」という案件はほとんど見つかりません。一方門前薬局やドラッグストア内の薬局では「週1日でも可」という求人がかなり多くなっています。門前薬局の場合は「始業から14時まで」「14時から終業まで」の2交代制になっている事が多いため、前半のローテーションに入ることができれば残業をすることはほとんどありません。

ドラッグストアでも「昼間」と「夜間」のシフト制を採用しているケースが多いので、昼間の勤務として採用されれば残業する必要はまずないでしょう。またこうした薬局ではWワークをしている薬剤師も数多く働いているので、「週末だけ出勤したい」「週1日だけ働きたい」という要望も比較的容易に受け入れてもらえます。ただし従業員の勤務ローテーションを組みやすくするために、働く曜日は固定できることが望ましいようです。

毎週1日だけ勤務の場合、雇用形態は「パート」もしくは「派遣社員」が一般的です。特に首都圏では派遣会社を通じて申し込む人が多くいます。その理由としては「高待遇の案件が多いこと」が挙げられます。東京近郊の案件を見ると、管理薬剤師としての経験がある場合には時給3000円以上で採用されることもあるようです。また状況が変化してもっと働けるようになった場合には、派遣会社を通して直接雇用の交渉をしてもらうことができる、というメリットもあります。もし残業を強制されるようなことがあれば、やはり派遣会社を通じて抗議してもらうことも可能であるという点も魅力です。ただし派遣として働く場合には「資格手当」や「交通費」が支給されないケースが多いということも覚えておきましょう。

「週1日しか働けず、残業もできないのだから、多少給料が安くなってもしょうがない」とあきらめる必要はありません。薬剤師という資格の希少性から求人募集は非常に多く、「週1日からOK、残業なしで高時給」という求人ももちろんあります。まずは具体的に毎月どのくらい稼ぎたいのか、目安となる金額を決めてから求人情報をチェックしていくと良いでしょう。

週1勤務の薬剤師求人を探すなら

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の詳細・登録ページ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの詳細・登録ページ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
ファルマスタッフの詳細・登録ページ